フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスは1930年代にイギリス人のエドワード・バッチ医師によって体系化された自然療法で、花のもつ癒しのちからで私たちの固くなった心の深い部分を和らげ、本来の自分らしい調和のとれた状態へと導く助けになります。

一般的にはフラワーエッセンスという言葉が使われていますが、バッチ医師が作った38種類のレメディと緊急時に使われるレスキューレメディをバッチフラワーレメディと呼んで、その他のものはフラワーエッセンスというふうに一応区別はしてるのですが、全てを総称してフラワーエッセンスと言っても間違いではありません。

レメディ(remedy)というのはどんな意味があるかというと、reは 「再び」medy 「中庸、癒す」という意味があります。

調和の乱れた状態を本来あるべき状態に導いて癒すものというような意味です。

多種多様な植物からつくられるフラワーエッセンスは、私たち一人一人に個性があるように、それぞれのエッセンスが異なるエネルギーをもっています。

バッチ医師は38種類のフラワーエッセンスと緊急時に役立つレスキューレメディを作りましたが、その中から今の自分に必要なエッセンスを一種類もしくは数種類ブレンドして飲用します。

レスキューレメディはバッチ医師が発見した38種のレメディの中の5種類を組み合わせて作られた緊急時に使われるレメディです。

ヒーリングハーブス社ではファイブフラワーフォーミュラー、エインズワース社ではリカバリーレメディなど呼び方は違いますが、花の組み合わせは同じです。

ヨーロッパではレスキューレメディを始めとするフラワーレメディを、救急隊員が事故や病気などで苦しんでいる人の気持ちを落ち着かせるために救急車に常備している場合もあります。

また街の薬局にも置かれていて、ヨーロッパでは日常的に使われているとてもポピュラーな自然療法です。

フラワーエッセンスは習慣性や副作用もありませんし他の治療法やお薬と併用しても問題ありません。

赤ちゃんや妊娠中の方や高齢の方、人だけでなく動物や植物にも使うことができる安全で穏やかに作用する自然療法です。

私自身や猫たちもフラワーエッセンスを15年間以上使っていますが今まで数えきれないほど助けられてきましたし今現在も助けられています。

バッチ医師は子どもの頃から自然が大好きだったのですが、野の花に癒しのちからが秘められていると根拠はないけれども直観的に確信を持っていたようです。

日なたの花についた朝露と日陰の花についた朝露を集めて、太陽の光を浴びた日なたの花の朝露に癒しの力が秘められていることを発見します。

でもこんなふうに朝露を集めていたらたくさんの人にフラワーエッセンスを届けることは不可能です。

それでガラスの器に湧き水を入れてそこに野の花を浮かべて太陽の光を当てたり、枝ごと摘んだ花は湧き水で煮沸したりすることで朝露と同じような力を保持できることを発見します。

これがフラワーエッセンスで、ここに保存料のブランデーが加えられたものが遮光瓶に入れられて販売されています。

フラワーエッセンスを知らない人からはフラワーという名前からアロマみたいに香りがするの?と聞かれることがよくあります。

でもフラワーエッセンスは植物の成分はほとんど含まれていませんのでアロマのような香りやハーブの味はしません。

メーカーによって海塩入りのブランデーやグリセリン、それからビネガーが保存料に使われていることもありますが、基本的にはブランデーの香りと味がします。

バッチはできれば誰でも自分でフラワーエッセンスを作れるようになることが望ましいと考え、フラワーエッセンスの作り方を公開しました。

ですので現在は世界中でフラワーエッセンスが作られています。