フラワーエッセンス基礎講座のお知らせ

6月にフラワーエッセンス基礎講座(オンライン)を開催します。

現在我が家の庭で開花中のスターオブベツレヘム

太古の昔から人々は野の草花や樹木には人を調和に導く力があることを知っていました。

沐浴するときに花を浮かべたり、花についた朝露を集めて飲んだり花を食べたり、先日観た中国の映画の中でも、長い間昏睡状態に陥っている愛する人のために、花についた朝露をあつめて口に含ませるシーンがありました。

オーストラリアの原住民アボリジニは、心身の不調を感じたときに森の中に分け入り、自分に必要な花を見分けて手をかざしたり、花や木のそばに座って心身の不調を癒したりして必要なメッセージを受け取ったりしていました。

私も山小屋で住み込みで働いていたまだフラワーエッセンスを知らない10代の時ですが、しんどいなと感じたときには好きな木に抱きついて元気を回復していました。

誰しもそのような経験があるかと思います。

例えば疲れた時に自然が豊かな場所に出かけて元気をもらってリフレッシュしたり、庭の草花に癒されたり、桜の咲く季節になるとなにか新しいことを始めてみようかなと前向きな気持ちになったり・・・

平安時代に宮中で行われていた「菊の着綿(キセワタ)」という習慣があります。

旧暦の9月9日は五節句の一つである重陽の節句で、陰陽思想では奇数は陽数とされ、一桁の陽数のなかで最大数である「9」が重なることから重陽と呼ばれ、陽の気が強すぎるためそれを払う行事として、この季節に咲く菊の花びらを浮かべたお酒を嗜んだり飾ったりして長寿を祈りました。

前日の8日の夜に真綿を菊の花に被せ、9日の早朝に朝露を含んだ真綿を菊より外しからだを拭い清めると寿命が千年延びると言われていました。

また中国では上流に菊の花園がある滝の水を飲んで長寿を得たという伝説もあります。

フラワーエッセンスはイギリス人のエドワード・バッチ医師によって体系化された自然療法で、野の草花や樹木や石清水からつくられたフラワーエッセンスが私たちの心の深いところに働きかけ、精神の不調和にやさしく穏やかに作用し調和のとれた状態へと導いてくれます。

38種類のフラワーエッセンスは、それぞれ典型的な精神状態を表わしています。

その中から単独もしくは数種類のエッセンスをブレンドして服用します。

心とからだは繋がっているので、心が調和を取り戻すことにより、からだの不調和が改善されることもよくあります。

フラワーエッセンスは習慣性や副作用がありません。

また、他の治療法やお薬と併用しても何ら問題ありません。

人だけでなく、動物や植物にも使うことができる安全で穏やかに作用する自然療法です。

私自身も フラワーエッセンスをセルフケアや身近な人や動物たちに15年間以上使ってきた経験があり、数えきれないほど助けられてきました。

ハナノヨウニのフラワーエッセンス講座では人だけでなく動物たちへの使い方についてもお伝えします。

6月に 3時間×2日間 の日程で開催予定です。

1名〜3名で開催予定ですが、複数の方からお申し込みがあった場合は皆さんの予定を考慮して日にちを決めたいと思っています。

講座開催中と講座終了後1ヶ月はオンライングループを作り、サポートし合ったり交流の場にしたいと思っています。

このような時代だからこそ、植物を鏡として自分自身と向き合う時間を共有できたらと思っております。

講座でお会いできることを楽しみにしております。

講座料: 20,000円(税込)

*お支払いは銀行振り込みかクレジットカード(Visa、Mastercard、American Express)でのお支払いも可能です(決済手数料が3.25%発生します。)

講座代金に含まれるもの
 

・Healing Herbs International Course Basicテキスト
 ・ニールズヤード式フラワーエッセンスLesson(書籍)
 ・講座開催中と修了後1ヶ月間のサポート
 ・2ヶ月のブレンドボトル

(ニールズヤード式フラワーエッセンスレッスンをすでにお持ちの方は2000円割引させていただきます)

お申し込みはこちら

メール または LINE公式よりお友達追加してチャットよりメッセージをください。